北海道の生うに通販(エゾバフンうに・キタラムサキうに)

ウニはやっぱり北海道の生ウニを通販でお取り寄せがお薦め

美味しい生ウニを食べるのでしたらやはり北海道の「エゾ・バフンうに」か「キタムラサキうに」です。
でも、美味しいウニを食べたいからと言って、北海道まで出かけるのは大変ですよね。
そういう時に、現地・北海道から通販でウニをお取り寄せするといいです。

北海道のウニが最も美味しい旬は、6月から9月中旬頃までです。
この旬の時期に是非、おいしいウニを食べてみてください。
※北海道では一年中どこかの海でウニは獲れますが、お薦めの礼文島や利尻島で獲れるウニの旬は6月から9月中旬頃までです。この時期以外の生ウニももちろん美味しいので、この時期以外でも取り扱っているお店からお取り寄せをして食べるのもお薦めです。

北海道の中でも、特においしいと言われているのが、礼文島や利尻島で獲れるウニです。
さらに、地元のお店の方のお話では「同じ利尻、礼文の浜でも、とれる浜によって、ウニの甘さ、美味しさは、全然違う」そうです。

当サイトでご紹介させて頂いている北海道のお店は、私がお取り寄せしたお店も含めて利尻・礼文のウニを通販しているお店です。
利尻・礼文以外、オホーツク海の羅臼産や南北海道の松前産のウニも美味しいようです。

注文時の注意なのですが、シケの時などで漁に出られないときもあるので、配達日の指定ができないお店が多いです。まさに、獲れたての新鮮ウニを送ってくれるので、その点はちょっと我慢です。



ミョウバンではなく無添加塩水パック

生ウニを通販でお取り寄せするとき、私がお薦めするのは、「ミョウバン」(凝固剤)を使用して木枠の折詰に並べたものではなく、ミョウバンを使わないで、「塩水パック」で送ってくれるお店です。
とれたての生ウニはとても柔らかくてデリケートで溶けやすいので一般的には「ミョウバン」という凝固剤を使ってウニの型がくずれないようにして、木枠の折詰にウニをに並べるのですが、これだとせっかくのウニの美味しさが失われる場合があるんです。


私の「ウニ」が失われた20数年

実は私、30代後半の年齢になるまで、ウニが嫌いだと思い込んでいたのです。初めてウニを食べたのが10歳頃、その時、一口食べて「まずい!」と思い口から吐き出したのでした。それ以来、私は寿司や刺身盛りにウニがあると同席している人に「これやる」と言ってウニをあげていたのでした。今から思えば、もったいないことをしていたものです(笑

そして、30代後半になったころ、知り合いにちょっと高級なお寿司屋さんに連れて行ってもらったとき、ウニが嫌いだという私に、一度だまされたと思ってここのウニを食べてみなさいと言われて食べたら、それがとんでもなく美味しかったんです!
その知り合いとお寿司屋さんが言うには、私がウニ嫌いになるきっかけとなった初めて食べたウニが新鮮でなかったか、ミョウバンで美味しくなくなっていたかだということだったんです。そして、その時そのお寿司屋さんで食べさせてもらったウニは、塩水パックで北海道から送られて来たウニで、とれたてに近い状態だから美味しいのだということだったんです。

それ以来、ウニが美味しいということを知った私は、20数年の失われたウニを取り戻すかのようにウニを食べるようになったのですが、美味しいウニを食べたいときは北海道から塩水パックで送ってくれるウニを通販で取り寄せるようにしています。

ウニが嫌いだという人の中には、おそらく私と同じような理由で嫌いになった方もいると思います。そういう方は、塩水パックのとれたてに近いウニを一度食べてみると、実はウニが好きなんだと気付くかもですよ。


「バフンうに」「キタムラサキうに」の違い

私たちが日常食べているほとんどのウニは「キタムラサキうに」なのだそうです。
「キタムラサキうに」に比べてトゲが短くて形状がバフンに似ているのが「バフンうに」で、身の見分け方としては、「バフンうに」はオレンジ色に近い濃い黄色「キタムラサキうに」は薄めの黄色です。

味の違い「キタムラサキうに」はあっさり&やさしい甘さ「バフンうに」は濃厚な味わいです。
一般的には、「バフンうに」の方が生産量が少なく味も美味しいという評価ですが、「キタムラサキうに」も十分に美味しいと私は思っています。
当サイトでご紹介しているお店は、両方のウニを販売しているお店がほとんどですので、両方買って食べ比べしてみるのも楽しいですよ。


自家製海鮮丼

ウニを通販で購入するとき、私は、一緒に、「いくら」や「エビ」「ホタテ」などを購入して自家製海鮮丼を作って楽しんだりしています。
北海道の魚介類はどれも美味しので、北海道産海産物での海鮮丼という食べ方もおすすめです。


海鮮丼をするのでしたらこちらのカネキタ北釧水産のセットがお薦め




お薦め北海道生うに通販ネットショップ


カネキタ北釧水産株式会社

北海道の海産物ネット通販の老舗の一つのカネキタ北釧水産。有名店でありメディアでの取り上げも多くご存知の方も多いのでは。
私がウニを通販で購入するときに度々利用しているお店です。
●利尻・礼文産エゾバフンうに - 8月上旬まで販売
●利尻・礼文産キタムラサキうに - 9月上旬まで販売
「バフンうに」と「キタムラサキうに」のうに二色丼のセットや、うに+いくら・えび・ホタテの海鮮丼用のセット販売もしています。

カネキタ北釧水産公式サイトでお求め下さい >>


マルゲン後藤水産

北海道の海産物に限らず農産物も広く通販している会社。雑誌やテレビなどメディアでも多数取材されているネットショップです。
●利尻・礼文産エゾバフンうに - 8月上旬まで販売
●利尻・礼文産キタムラサキうに - 9月上旬まで販売
利尻・礼文産が終了しても、時期に合わせて漁場を変えてほぼ通年で北海道産生うにを販売しています。

マルゲン後藤水産公式サイトでお求め下さい >>



北国からの贈り物

メディアでも多数取り上げられている北海道の有名ネットショップの一つ。海産物の他、農産物やスイーツも販売しています。
●利尻・礼文産エゾバフンうに - 8月上旬まで販売
●利尻・礼文産キタムラサキうに - 9月上旬まで販売
こちらも、利尻・礼文産が終了しても、時期に合わせて漁場を変えてほぼ通年で北海道産生うにを販売しています。
本場のウニを安くお求めしたい方は、こちらの「訳ありウニ」がお薦めです。

北国からの贈り物公式サイトでお求め下さい >>



北のグルメ便

こちらのネットショップもメディアに多数取り上げられている北海道の有名店の一つ。海産物の他、農産物も販売しています。
●利尻・礼文産エゾバフンうに - 8月中旬まで販売
●利尻・礼文産キタムラサキうに - 9月下旬まで販売
うになどの海産物のほかに水産加工品も多数取り扱っています。利尻・礼文産が獲れる前の時期である5月中旬頃までは北方四島産うにを販売。

北のグルメ便公式サイトでお求め下さい >>